縫製は当工房の中でも一番中核をになう仕事です。主に「本縫い」と呼ばれる直線縫いのミシンを使用して縫製していきます。

現在の位置:ホーム > 当社技術の紹介 > 縫製について

縫製について

縫製は当工房の中でも一番中核をになう仕事です。
主に「本縫い」と呼ばれる直線縫いのミシンを使用して縫製していきます。

生地の性質や縫製工程によって、押さえ金や針、バインダーと呼ばれる治具を変えていきます。

生地とミシンの相性を五感を研ぎ澄ませて感じながら、縫製していきます。
お客様のご要望である適正な価格や納期にお応えしていくには正確さとスピードの両方を求められます。

当工房では服よりもポーチなどの立体的な形のものを縫製する機会が多く、服を縫製する職人さんからすると意外と縫いずらいもののようです。立体的なものを縫製するには特別な感覚が必要とされます。

当社設備について 【 ミシン 】

当工房のミシンを一部紹介いたします。

本縫いミシン

本縫いミシン

直線縫いのミシンです。こちらのミシンに様々なアタッチメントをつけることで様々な縫い方が可能となります。

上下送り本縫いミシン

上下送り本縫いミシン

こちらも直線縫いのミシンです。厚手のものを縫製するのに適しています。

オーバーロック

オーバーロック

かがり縫いを行なうミシンです。

コンピューターミシン

コンピューターミシン

プログラムされたある一定の形状を正確に縫製することできるミシンです。

縫製技術について

当工房での縫製技術を一部紹介いたします。

パイピング

パイピング

テープを巻いていきます。

玉ぶちパイピング

玉ぶちパイピング

装飾に使用したり、形をしっかりと出したいときに使います。

ギャザリング

ギャザリング

布地を細かく縫い縮める加工です。

ダーツ

ダーツ

平面を曲面化するつまみです。

タック

タック

布をつまんで作ったひだで、ダーツのように縫い消さない縫製です。

シャーリング

シャーリング

ひだをつけます。伸縮するようになるため、ヘアバンドなどに使用します。また、デザインとしても使用します。

オーバーロック

オーバーロック

縫いはしの始末に使用します。

メローロック

メローロック

縫いはしを装飾する際に使用します。

アタッチメントについて

アタッチメントとは、通常は縫いにくい箇所を容易に縫えるようにしたり、数個の工程を一つにまとめてできるようになる便利な道具です。主に針と生地の接触部分に取り付けます。

1.二つ折り

ラッパ

ラッパ

ラッパ 出来上がり状態

出来上がり状態

2.四つ折り

ラッパ

ラッパ

出来上がり状態

3.玉縁パイピング

ラッパ

ラッパ

ラッパ 出来上がり状態

出来上がり状態

押さえ金

押さえ金 三巻

押さえ金 三巻

三巻きをする際に使用します。

押さえ金

押さえ金 片押さえ

段差のあるところを縫製するのに適しています。 

押さえ金 こばステッチ

押さえ金 こばステッチ

端を縫製したいときに使用します。


このカテゴリー、「当社の技術紹介」内のページ

布もの工房/縫製工場について

布もの工房は、大阪(門真)で創業50年の、エプロン,バッグ,帽子など布製品専門の国内縫製工場です。
産業用資材やオリジナルの服飾雑貨や袋物の縫製・製作も行います。型紙からの作成も可能です。100%国内製造で、小ロットにも対応いたします。
アットホームなスタッフがあなたのご相談に応じます。お気軽にご連絡ください。

  • メールでのお問合せ
  • お電話でのお問合せ/お見積もりは06-6980-1594まで

布もの工房のスタッフBLOGもご覧くださいね

▲ページ上部へ

このサイトについて | サイトマップ | ホーム

Copyright © Kitatsugi Co., Ltd.