ここでは製品ができるまでをの一例をご紹介いたします。

現在の位置:ホーム > 当社技術の紹介 > 製品ができるまでの例

製品ができるまでの例

ここでは製品ができるまでをの一例をご紹介いたします。

ポーチの作り方

1.型紙つくり

1.型紙つくり

ポーチの型紙を製作します。

2.裁断

2.裁断

生地を型紙にあわせて裁断していきます。

3.裏地ポケットつくり

3.裏地ポケットつくり

裏地のポケット部分をつくります。

4.表生地と裏生地の2枚合わせ

4.表生地と裏生地の2枚合わせ

裏地と表地をあわせます。

5.飾りパイピングつけ

5.飾りパイピングつけ

飾りパイピングを周囲に縫い付けます。

6.ファスナーつけ

6.ファスナーつけ

ファスナーをマチ部分につけます。

7.マチつくり

7.マチつくり

マチ部分を完成させます。

8.マチと本体の合体

8.マチと本体の合体

マチ部と本体を合体します。

9.バイヤス巻き

9.バイヤス巻き

裏地の端処理としてバイヤステープを巻きます。

10.完成!

10.完成!

裏返したら完成です。

エプロンの作り方

1.型紙つくり

1.型紙つくり

エプロンの型紙を製作します。

2.裁断

2.裁断

生地を裁断します。

3.アイロン掛け

3.アイロン掛け

縫いやすいようにアイロンを掛けます。(本生産時には機械を使用します。)

4.ひも作り

4.ひも作り

腰と首のヒモをつくります。

5.ポケット製作

5.ポケット製作

ポケットを本体に縫い付けます。

6.身返しつくり

6.身返しつくり

身返し部分をつくります。

7.力布つくり

7.力布つくり

穴かがり(ボタンホール)をつくる部分に補強用の布をあてます。

8.穴かがり・ぼたん付け

8.穴かがり・ぼたん付け

穴かがり(ボタンホール)をつくり、ぼたん付けをおこないます。(本生産は機械にて行ないます。)

9.完成

9.完成

これで完成です。


このカテゴリー、「当社の技術紹介」内のページ

布もの工房/縫製工場について

布もの工房は、大阪(門真)で創業50年の、エプロン,バッグ,帽子など布製品専門の国内縫製工場です。
産業用資材やオリジナルの服飾雑貨や袋物の縫製・製作も行います。型紙からの作成も可能です。100%国内製造で、小ロットにも対応いたします。
アットホームなスタッフがあなたのご相談に応じます。お気軽にご連絡ください。

  • メールでのお問合せ
  • お電話でのお問合せ/お見積もりは06-6980-1594まで

布もの工房のスタッフBLOGもご覧くださいね

▲ページ上部へ

このサイトについて | サイトマップ | ホーム

Copyright © Kitatsugi Co., Ltd.